2005年01月21日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2005年01月21日(金) 本格版 257号 第5問

示現塾 2005年01月21日(金) 本格版 257号

第5問 セキュリティと標準化(AU向け)
分野-6-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:NW13-47

 ネットワークのアクセス制御に用いる RADIUS プロトコルに関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 1 台の RADIUS 認証サーバで,最大 64 台までのアクセスサーバのアクセス認証情報を一元的に管理できる。

イ RADIUS プロトコルを利用することによって,不正利用者が特定でき,不正侵入を試みた日時などを記録・管理できる。

ウ RADIUS プロトコルを利用することによって,利用者が接続時に使用した IP アドレスを記録・管理できる。

エ 接続端末の認証に CHAP を用いる場合,アクセスサーバでパスワードを復号し,RADIUS 認証サーバに送信する。

Posted by g@kko at 2005/01/21 08:13 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント