2005年01月24日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2005年01月24日(月) 本格版 260号 第5問

示現塾 2005年01月24日(月) 本格版 260号

第5問 セキュリティと標準化(AU向け)
分野-6-1-1/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:NW14-48

 ブラウザから Web サーバにアクセスするシステムのセキュリティに関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア CGI 又はサーブレットによって生成された HTML は動的に変化するので,プロキシサーバでのキャッシュの内容が,本来の利用者以外に開示されることはない。

イ SSL を使用すれば,通信経路上にプロキシサーバが存在していても,各利用者と Web サーバ間での参照情報が,本来の利用者以外に開示されることはない。

ウ 複数の利用者が同一のパソコンを利用する場合,最初に HTTP 基本認証を利用したログイン操作を行うようにすれば,ブラウザの起動状態にかかわらず,本来の利用者以外に情報が開示されることはない。

エ リバースプロキシは,静的コンテンツのキャッシュができないので,クライアントヘの応答時間が改善されることはない。

Posted by g@kko at 2005/01/24 08:45 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント