2004年12月30日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年12月30日(木) 本格版 235号 第2問

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-5/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SS14-09

 オブジェクト指向でシステムを開発する場合,カプセル化の効果として適切なものはどれか。

ア オブジェクトの内部データ構造やメソッドの実装を変更しても,その影響をほかのオブジェクトに及ぼしにくい。

イ 親クラスの属性を子クラスが利用できるので,親クラスの属性を子クラスの属性の定義に利用できる。

ウ 既存の型に加えてユーザ定義型を追加できるので,問題領域に合わせてプログラムの仕様を拡張できる。

エ 同一メッセージを送っても,受け手のオブジェクトによって,それぞれが異なる動作をするので,メッセージを受け取るオブジェクトの種類が増えても,メッセージを送るオブジェクトには影響がない。

Posted by g@kko at 2004/12/30 09:49 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント