2005年01月22日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14午前, システムの開発と運用 ]

H14AM17: 示現塾 2005年01月22日(土) 本格版 258号 第2問

示現塾 2005年01月22日(土) 本格版 258号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-6/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:DB14-17

 プログラムのコーディングミスの一つに,繰返し処理の判定条件として A≧aとすべきところを A>a とコーディングすることがある。このようなミスを見つけ出すために有効なテストケース設計技法はどれか。ここで,A は変数,a は定数とする。

ア 原因結果グラフ
イ 限界値分析
ウ 同値分割
エ 判定条件網羅

Posted by g@kko at 2005/01/22 08:51 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント