2005年01月23日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2005年01月23日(日) 本格版 259号 第2問

示現塾 2005年01月23日(日) 本格版 259号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-1-6/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:NW15-15

 バグ埋込み法では,摘出したバグ数を測定することによって,その時点での埋込みバグ数を除いた潜在バグ数Tを推定することができる。Tを求める次の計算式で,変数A,B,Cの適切な組合せはどれか。
  総バグ数=A×B/C
  T=総バグ数-A-(B-C)

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-01-23-2.htm

Posted by g@kko at 2005/01/23 12:01 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント