2004年10月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年10月26日(火) 本格版 170号 第2問

示現塾 2004年10月26日(火) 本格版 170号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-17

 マイクロプログラム制御方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア RISC プロセッサで多く用いられている。

イ 機能の追加や変更がマイクロプログラムの変更だけで行えるので,命令の追加及び変更が容易である。

ウ マイクロプログラムは一般のプログラムと同様に主記憶装置に格納され,プロセッサが読み出して利用する。

エ ワイヤードロジック方式と比較して,機械命令の処理が高速である。

Posted by g@kko at 2004/10/26 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント