2004年12月31日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年12月31日(金) 本格版 236号 第1問

示現塾 2004年12月31日(金) 本格版 236号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-2-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW14-25

 プログラムで使用可能な実メモリ枠が 3 ぺージである仮想記憶システムにおいて,大きさ 6 ぺージのプログラムが実行されたとき,ぺージフォールトは何回発生するか。ここで,プログラム実行時のぺージ読込み順序は,0,1,2,3,4,0,2,4,3,1,4,5 とする。ぺージング方式は,LRU(Least Recently Used)とし,初期状態では,実メモリにはいずれのぺージも読み込まれていないものとする。

ア 9     
イ 10     
ウ 11     
エ 12

Posted by g@kko at 2004/12/31 02:01 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント