2005年01月21日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年01月21日(金) 本格版 257号 第1問

示現塾 2005年01月21日(金) 本格版 257号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SM14-06

 コンピュータシステムの性能評価法の一つであるモニタリングに関する記述として,適切なものはどれか。


ア 各プログラムの実行状態や資源の利用状況を測定し,システムの構成や応答性能を改善するためのデータを得る。

イ システムの各構成要素に関するカタログ性能データを収集し,それらのデータからシステム全体の性能を算出する。

ウ 典型的なプログラムを実行し,入出力や制御プログラムを含めたシステムの総合的な処理性能を測定する。

エ 命令を分類し,それぞれの使用頻度を重みとした加重平均によって全命令の平均実行速度を求める。

Posted by g@kko at 2005/01/21 08:08 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント