2005年02月12日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2005年02月12日(土) 本格版 279号 第2問

示現塾 2005年02月12日(土) 本格版 279号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-2-1/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SD15-21

 オンラインシステムの障害対策に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア ジャーナルファイルやマスタファイルのバックアップファイルは,すぐに復旧処理ができるようにオリジナルファイルと同一の場所に保管する。

イ トランザクションの処理が正常に終了できなかったときは,トランザクション開始直前の状態に戻すために,ロールフォワード処理を実行する。

ウ マスタファイルと一定時間ごとに作成したマスタファイル更新用のトランザクションファイルを用いて,システム障害発生直前の最新データに復元する。

エ マスタファイルは,オンライン処理の終了時にバックアップファイルを取るだけでなく,システムの特性に応じた時期にバックアップファイルを取る。

Posted by g@kko at 2005/02/12 10:16 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント