2005年02月14日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2005年02月14日(月) 本格版 281号 第2問

示現塾 2005年02月14日(月) 本格版 281号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-2-1/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SD13-21

 LAN による分散処理システムの障害対策に関する記述のうち,不適切なものはどれか。


ア ケーブルの不注意な切断によってネットワークが利用できなくなる範囲を最小限にとどめるために,スター型トポロジーを採用し,予備のケーブルやハブを準備する。

イ サーバのディスク障害によってデータが破壊された場合を想定し,サーバ間でデータの複製をもつ。

ウ 停電や落雷によるハードウェアの故障の範囲を限定するために,LAN 配線用サージ保護器を設置し,さらにネットワークを幾つかのセグメントに分割する。

エ ネットワーク管理ソフトウェアのバグによるシステムの停止を回避するために,複数の CPU を装備したサーバを導入する。

Posted by g@kko at 2005/02/14 06:53 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント