2005年02月15日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年02月15日(火) 本格版 282号 第1問

示現塾 2005年02月15日(火) 本格版 282号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-3-2/技術レベル-II/出題頻度-低/出典:SD15-03

本問は、図表を含みますので、下記をクリックしてください。
 http://zigen.cosmoconsulting.co.jp/mailmag/pic/2005-02-15-1.htm

 図は,待ち行列のM/M/Sモデルにおいて,平均サービス時間を単位として正規化した平均待ち時間を表すグラフである。Sは窓口の数を,ρは窓口の利用率を表す。
窓口が一つのときの平均待ち時間は4.0であった。客の到着率が2倍に増えたので,同じサービス能力をもつ窓口を一つ増やして二つの窓口でサービスするとき,平均待ち時間はおよそ幾らになるか。

ア 0.3       
イ 1.8        
ウ 2.0        
エ 4.0

Posted by g@kko at 2005/02/15 06:50 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント