2005年02月19日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2005年02月19日(土) 本格版 286号 第2問

示現塾 2005年02月19日(土) 本格版 286号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-2-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:NW13-07

 キャパシティ管理におけるシステム性能の向上策に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア CPU のクロック周波数を 2 倍にしても,ジョブのスループットは必ずしも2倍にはならないので,周辺機器などと合わせてシステムを増強する。

イ 仮想記憶システムにおける,補助記憶装置の容量を拡大し,ジョブの平均CPU時間を短縮する。

ウ 単一サーバのシステムを M/M/1 の待ち行列モデルとすると,平均応答時間が正規分布のグラフとして表されるので,グラフの山の部分の分析結果を計画に反映する。

エ トランザクション処理システムでは,単位時間当たりのトランザクションの到着数が n 倍( n=2,3,…)になると,平均応答時間も n 倍になることを考慮して,機器を増強する。

Posted by g@kko at 2005/02/19 09:33 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント