2005年02月20日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2005年02月20日(日) 本格版 287号 第2問

示現塾 2005年02月20日(日) 本格版 287号

第2問 システムの開発と運用(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-3-2-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:CM15-28

 システム運用部門でCPU 利用率,ページフォールト頻度などを監視したところ,スラッシングの発生が多くなっていることが分かった。処理能力を改善するための当面の対応処置として,適切なものはどれか。

ア 磁気ディスクの作業域(ワークエリア)の割当てを変更する。
イ ジョブの多重度を抑制する。
ウ ページ置換方式を変更する。
エ 予備の補助記憶装置を組み込んで作業域の割当てを再配置する。

Posted by g@kko at 2005/02/20 10:50 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント