2005年02月25日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15 ]

H15午後II 問2 vol.2

H15午後II 問2(ITEC 2005予想問題集 午後II 問6) vol.2
vol.1の続きです。
設問4(1)

 中分類P12の商品コードM122の商品の販売を終了し,その後継品として商品コードM125の販売を開始した。この場合の業務系システムのどのテーブルに対して,どのようなデータ操作を行う必要があるか?

と,いうことであるが,関係あるテーブルは,商品,売価,SKUの3テーブルである。
 商品:
  商品コードM122:終売年月日の設定
  商品コードM125:商品コード追加,商品名の入力,M122から商品の特徴と分類を表す属性(中分類コード,柄コード,デザインコード,素材コード)及び販売期間(販売開始月日,販売終了月日)の継承,発売年月日の設定
 売価:商品コードM125の販売価格の設定
 SKU:商品コードM125のSKUコードの設定 もしくは 商品コードM122と同じカラーコード,サイズコードを自動設定??

もっと書けば,商品販売計画や店舗販売計画,仕入計画は??
これを60文字で書くことは無理だ。。。設問の仕方が悪い気がするのは私だけではあるまい。
ここでの設問の意図は,後継品への属性継承を問うている。と納得しよう。

示現塾解答例

商品マスタに,商品コードM125を発売年月日=商品の切替日で追加し,同時に商品コードM122の終売年月日を同日で更新する。

iTAC解答例
商品テーブルの商品コードM122のレコードに終売年月日を設定し属性と販売期間を継承した商品コードM125のレコードを追加

TAC解答例(web)
商品テーブルに対して商品M122 の終売年月日を登録し,中分類コードP12 などM122 の値を継承した商品M125 を追加する

アイテック解答例(web)
商品テーブル上の商品M122の終売年月日へ販売の終了日を設定し更新する。次に後継品のM122を商品テーブルへ追加する。

DBMagazine解答例
商品テーブル上の商品M122の行の終売年月日に最終販売日を設定した後、商品M125を追加し発売年月日等の情報を設定する。

 ここで注意したい点は,「M122の終売年月日=M125の発売年月日」とか「M122の終売年月日=M125の発売年月日-1日」とかにしなければならないなどドコにも要件が書いていない点である。要件として書いていないことを,勝手に解釈するのは危険と思う。

設問4(2)
(c)
 アイテック解答例(本)は,設問3(1)の後継品テーブルを前提としている。設問4の文章にその前提がないため,後継品テーブルを前提とするのはマズイと思われる。
[解答例]
a,b,c
×××:アイテック(本)
××○:TAC(Web),iTAC,アイテック(web),DB Magazine,g@kko
×○○:示現塾

設問4(3)
 前提条件をどうとらえるのか

サマリテーブルである“大分類別月別販売実績”,“SKU別日別店舗別販売実績”は,それぞれ月末,当日の夜間のバッチ処理で作成される。

 これを読む限り,前月(日)以前のサマリテーブルを現時点で有効な分析軸で再構計算するようには読めない。当月(日)分だけ作成されると読むのが普通だろう。
 この前提条件をどう読むのかで,解答が変わる。
[解答例]
a,b,c
××○:アイテック(web)
○×○:アイテック(本)
×○○:示現塾,DB Magazine,iTAC,TAC(web),g@kko

※アイテックの解答例が,Webと問題集とで食い違っている。。。何を信じれば良いのやら。。。
もう少し時間をかけて各解答例を検証する必要がありそうだ。vol.3にて。

Posted by g@kko at 2005/02/25 22:08 | 個別記事表示 | コメントを見る (3) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント
2 :9:05/02/25 22:30:43 [RES]

アイテックは、Webはその場凌ぎで慌てて出すから、その時点での精度はあまりよくない
本となると問題の担当者もそれぞれ変わってくるし、解答も十分に精選してくるから精度も上がりより正確になる・・と推測するw


3 :g@kko:05/02/25 23:18:33 [RES]

【補足】
 設問4(1)
 言いたいことは,「要件として書いていないことを,勝手に解釈するのは危険」ということ。
 要件定義書に書いていないことを勝手に解釈してシステム作っちゃダメよってことだな。


4 :9:05/02/26 05:49:26 [RES]

そうだな。特にこの情報処理試験の午後でそれは絶対だ。かなり危険な行為だ