2005年02月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H15午前, データベース技術 ]

H15AM38: 示現塾 2005年02月26日(土) 本格版 293号 第4問

示現塾 2005年02月26日(土) 本格版 293号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB15-38

 分散データベースシステムの目標の一つである“移動に対する透過性”の説明として,適切なものはどれか。

ア 運用の都合や性能向上の目的で,表の格納サイトが変更されても,利用者にこの変更を意識させないで利用可能にする機能のことである。

イ データベースが通信網を介し物理的に分散配置されていても,利用者にこの分散状況を意識させないで利用可能にする機能のことである。

ウ 一つの表が複数のサイトに重複して格納されていても,利用者にこれを意識させないで利用可能にする機能のことである。

エ 一つの表が複数のサイトに分割して格納されていても,利用者にこれを意識させないで利用可能にする機能のことである。

Posted by g@kko at 2005/02/26 08:33 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント