2005年02月28日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM44: 示現塾 2005年02月28日(月) 本格版 295号 第4問

示現塾 2005年02月28日(月) 本格版 295号

第4問 データベース技術(DB向け)
分野-5-1-3/技術レベル-III/出題頻度-中/出典:DB16-44

 分散型データベースで結合演算を行うとき,通信負荷を最も小さくすることができる手法はどれか。ここで,データベースは異なるコンピュータ上に格納されて,かつ結合演算を行う表のレコード件数が,双方で大きく異ならないものとする。

ア 入れ子ループ法 
イ インデックスジョイン法
ウ セミジョイン法
エ マージジョイン法

Posted by g@kko at 2005/02/28 07:21 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント