2005年03月19日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H14 ]

H14午後II 問1

H14午後II 問1(ITEC 2005予想問題集 午後II 問8)

 データの分析及び制約の実装に関する問題。本番ではこの手の問題は選択したくないっすね。
設問4が曲モノです。。。

設問1(1)
 “仕入見込金額”の算出ということなんで,表2「見込値の導出方法」を参照,図5「関係スキーマ」を見ると「仕入価格」がない。これを管理できればよい。
 「仕入価格は,生産年月の生産会社の出荷価格,輸送費,保険金などによって変動する」から導出しようと思わないこと。
 「発注時に指定した生産年月の仕入単価が適用」できれば問題ない。

 しかし,同じ商品コードでも生産会社(生産工場)毎に仕入価格が違うのかどうかが,要件からはよく読み取れない。そこで,商品のスキーマを参照。ひとつの商品コードはひとつの生産工場コードしか持たないことから,商品コードと仕入単価は1:1であることが確認できた。

設問1(2)
 図2の仕入実績金額を・・・「数量×単価≠金額」になっているって。。初見で気付かないと思うぞ。
 「生産が遅延した場合でも,発注時に指定した生産年月の仕入単価が適用される」から,実際に生産される年月ではなく,「発注時に指定した生産年月」を保存しなければならない。
 と,いうことで仕入実績に発注番号ですな。

設問2
 NOT EXISTS で,条件の不等号式を間違わないように。。。

設問3(1)
 図6を冷静に追いかければ問題なし。

設問3(2)
 思いっきり問題文にヒントが書いてあるので引用する。
 (4)(a) 基準や範囲を超えることが業務的に許されない制約であり・・・

設問4(1)
 問題文をしっかり読んで要件(導出方法)を理解していないと答えを導けない。
 最初は,トリガーが連鎖的に動作することで,更新順序に不具合があるのかと思ったが・・・
解答は,6ヶ月(半期)の集計だそうで。。。ここまで気が回らなかった。

設問4(2)
 設問4(1)の解決策。「設問4(1)」を間違っていればとんでもない答えになるハズ(苦笑
 「アプリケーションから,ストアドプロシージャを呼び出す」あたりは間違わないだろうけど。
 解答にあたって,図中の記号や数字を引用することになるが,AとBとCとか,それぞれをきちんと明記するのか,AとBとC以外と濁すのかは,自信にあわせて使い分けるのが賢いかもしれない。

Posted by g@kko at 2005/03/19 20:46 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント