2004年11月10日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/システムの開発と運用 ]

示現塾 2004年11月10日(水) 本格版 185号 第4問

示現塾 2004年11月10日(水) 本格版 185号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-1/技術レベル-I/出題頻度-中/出典:SW13-73

 正規化の目的に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア 各種のデータモデルにおいて,データの重複を排除し,データベースのアクセス効率を高める。

イ 属性間の依存関係を関数従属性や多値従属性でとらえ,その従属関係を最小化することによって,物理的 I/O 回数を最小にする。

ウ 第 3 正規形まで正規化を行うことによって,だれが作業しても同じ関係表が得られ,データベース設計における属人性が排除できる。

エ データの重複を排除し,データベース操作に伴う重複更新や矛盾の発生を防ぐ。

Posted by g@kko at 2004/11/10 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント