2004年11月12日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年11月12日(金) 本格版 187号 第5問

示現塾 2004年11月12日(金) 本格版 187号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-1-1/技術レベル-II/出題頻度-高/出典:SW15-78

 セキュリティプロトコルである SSL に関する記述のうち,適切なものはどれか。


ア SSL で使用する共通かぎの長さは,日本国内では 128 ビット未満に制限されている。

イ SSL で使用する個人認証用のディジタル証明書は IC カードなどに格納することができるので,特定のパソコンに固定する必要はない。

ウ SSL は特定ユーザ間の通信のために開発されたプロトコルであり,事前の利用者登録が不可欠である。

エ SSL を利用する Web サーバでは,その IP アドレスをディジタル証明書に組み込むので,ディジタル証明書作成前に IP アドレスを取得する必要がある。

Posted by g@kko at 2004/11/12 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント