2005年03月26日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2005年03月26日(土) 本格版 321号 第1問

示現塾 2005年03月26日(土) 本格版 321号

第1問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-4-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:CM15-08

 ADSLの特徴として,適切なものはどれか。


ア 電話線をスプリッタによって分岐させてアナログ電話機とパソコンを同時利用すると,スプリッタを用いない単独利用に比べ,パソコンの利用できる通信速度が低下する。

イ 上りと下りの通信速度が異なり,上り(利用者から電話局への方向)のデータ量が多い通信アプリケーションに適している。

ウ 複数の64kビット/秒のチャネルを使ってバルク転送することによって,高速通信を実現している。

エ 利用者宅から収容電話局までの距離が遠い場合やISDN との干渉の影響がある場合,通信速度が低下する。

Posted by g@kko at 2005/03/26 07:34 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント