2004年11月23日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/セキュリティと標準化 ]

示現塾 2004年11月23日(火) 本格版 198号 第5問

示現塾 2004年11月23日(火) 本格版 198号

第5問 セキュリティと標準化(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-6-1-1/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:NW15-48

 ディジタル署名を利用する目的として,適切なものはどれか。


ア 受信者が署名用のかぎを使って暗号文を元の平文に戻すことができるようにする。

イ 送信者が署名用のかぎを使って作成した署名を平文につけることによって,受信者が送信者を確認できるようにする。

ウ 送信者が署名用のかぎを使って平文を暗号化し,平文の意味を関係者以外に分からないようにする。

エ 送信者が定数を付加した平文を署名用のかぎを使って暗号化し,受信者が復号した定数を確認することによって,メッセージの改ざんの部位が判断できるようにする。

Posted by g@kko at 2004/11/23 02:05 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント