2004年11月28日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/H16午前, データベース技術 ]

H16AM30: 示現塾 2004年11月28日(日) 本格版 203号 第4問

示現塾 2004年11月28日(日) 本格版 203号

第4問 データベース技術(SW,DB,SM向け)
分野-5-1-2/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:DB16-30

 SQLにおけるオブジェクトの処理権限に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 権限の種類はINSERT,DELETE,UPDATEの三つである。
イ 権限は実表だけに適用でき,ビューには適用できない。
ウ 権限を取り上げるにはREVOKE文を用いる。
エ 権限を付与するにはCOMMIT文を用いる。

Posted by g@kko at 2004/11/28 02:04 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント