2004年11月30日

[ テクニカルエンジニア(データベース)/コンピュータシステム ]

示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号 第2問

示現塾 2004年11月30日(火) 本格版 205号

第2問 コンピュータシステム(SW,DB,SM,AU,ES向け)
分野-2-1-6/技術レベル-II/出題頻度-中/出典:SW14-23

 スーパコンピュータに関する記述として,適切なものはどれか。


ア 処理装置内の演算器で一度に扱えるビット数を非常に大きくして,文字列処理の性能向上を図っている。

イ 大容量のハードディスク装置と仮想記憶技術を用いることによって,非常に大きなメモリ空間を実現し,性能向上を図っている。

ウ 特定の応用分野に特化したハードウェア回路を個別に用意し,目的に応じて組み合わせることによって,性能向上を図っている。

エ ベクトル命令を備えたプロセッサを数個~十数個,又はマイクロプロセッサを数百~数千個結合することによって,性能向上を図っている。

Posted by g@kko at 2004/11/30 02:02 | 個別記事表示 | コメントを見る (0) |
この記事をLicWikiに埋め込む:
コメント